映像制作をするときのコツ

映像制作をするときのコツはズバリ編集にあります。

編集次第で魅力ない映像もとても見違えるような魅力のあるものとなります。これはそれぐらいのすごい効果が編集にはあるといえるのです。ではどういった編集をすれば魅力ある編集となるのかというと、見せたいところはハッキリとさせて、それ以外のところはぼかすというのがコツです。実は映像というのは膨大な情報量があるので、見ている人は、その映像の全てを見ているわけではありません。

その映像の中で気になるところを見ているのです。これを考えて映像制作をすると、それまでの映像制作とは全く違ってものが作れるようになります。例えばテキストを効果的に使うことも出来ます。テキストは自分がその場面で述べたいことを代弁してくれる役割を果たします。効果音や音声、音楽というものも効果的ですが、このテキストというのは、かなり視覚的に大きな役割を果たします。視聴者の多くは、このテキストに自然と目がいきます。

それは、テキストがそれまでの映像にはないものですから、特異なものとして目に映るからです。そして、テキストを見ると読むという行為をします。これは普段から様々な書物などを見てきたことで習慣づけられていますから、これはもうそうなるしかありません。そして、テキストを読むことで、考えるということをするようになり、考えた状態で映像を見せるということが出来るのです。これによって伝えたい情報を伝えやすくなるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *