広告には映像制作が有効

最近は広告も多様化しています。

いまだにコピーライティングのコンサルティングをしている人などもいますが、実際に効果はまだ出ています。普段ネットを見ている人には、胡散臭く見えるでしょうが、あまり慣れていない人には魅力的なフレーズに映ったりします。しかしそれが通用しなくなるのも時間の問題でしょう。胡散臭いコンサルティングを受けるよりは、映像制作の方が建設的で見る人を楽しませることができます。見てくれている人は時間を割いてくれているので、変なキャッチコピーで迷惑をかけるのは良くないです。

見たい人には良いのですが、胡散臭いコピーライティングに辟易している人は多いでしょう。ネットが胡散臭いと言われる現況でもありますし、ましてやそのようなコンサルティングをさもすごいテクニックかのように疲労している人は周りに迷惑をかけていることを知った方が良いでしょう。またダイレクトメールなどもしつこいものは迷惑です。

相手も時間を割いているので、自分の言いたいことをひとに押し付けるのは取り締まっても良いかもしれません。コピーライティングも詐欺に近いので取り締まった方が良いでしょう。グーグルのアルゴリズムにもスパムとしてくも組み込まれる可能性はあります。映像制作は自分で行っても良いですし、ネットで簡単に依頼することも可能です。広告は楽しんでもらえるように映像制作で行えば、より良いネット環境ができるはずです。企業のネットリテラシーと言っても過言ではないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *