映像制作は個人でも法人でも

映像制作といえば一般的な動画もそうですし、プロジェクションマッピングもそうです。

今後はVRで見せる映像も映像制作会社が手掛けたりすることになるでしょう。そして、特に今は一般的な動画コンテンツは業者に依頼しても簡単にやってくれます。それにどれだけの価値があるかは、今はプロジェクションマッピングもVRもあるのでむしろ原始的かもしれませんが、とりあえず作ってくれます。リアルに近い人間のグラフィックや、アニメーションなど映像制作業者やクラウドサービスによって得意分野は変わってきます。企業広告に利用するのは今は常識となってきています。

胡散臭いコピーライティングを並べるコンサルティングなどよりはよほど記憶にも残りやすいですし、つまらないサイトばかりになりにくいです。単に自社の商品を押したいがためにコピーライティングを見せられるネットユーザーは大変な迷惑をこうむっています。ましてやそれのコンサルティングを行っているというのは、迷惑行為でお金を儲けているようなものです。

そんなことよりは、見る人にとっても面白い映像でマーケティングを行うことはどちらにとっても良いことです。また胡散臭いコピーライティングでないにしても、文章のみというのもつまらないですし、ワンパターンです。みんなが興味があるわけでもないので、いちいち読みたくないでしょう。動画ならば、面白ければ見ます。映像制作のクラウドサービスなどで面白い映像を考えてみても良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *