映像制作には費用はどれぐらいかかるのか

映像制作は色々な分野で利用される機会が増えて来ています。

特にインターネットの普及や光回線の進展でネットで利用されることも多くなって来ています。まずテレビなどではCMが良く制作されています。同じくショッピング番組ではリアルタイムでの商品説明にも使われたり結婚式や講演会、セミナー、企業の紹介や社史の制作、学校案内、施設の紹介、販売促進や営業ツールとして、あるいは教育面ではeラーニングという使い方もなされています。映像制作を行う制作会社が多数存在します。

テレビ局で流される、あるいは映画制作を行っているところもありますし結婚式を撮る会社もあり規模もそれぞれ異なっています。そして制作依頼するにも例えば5分間程度の紹介ビデオを作成する場合見積費用は各社異なり、料金はあってないような錯覚にとらわれることもあります。しかし基本的にはどこの会社も機材のコストと人件費に大まかには分けられるとされます。

これを項目別に分けると人件費はまず企画作成及び制作を行う人の人件費、ディレクターやスタッフの人件費、企画書と台本、ナレーションのスタッフの人件費があげられます。そして音声や照明、撮影スタッフの人件費があります。スタジオを借りる場合はそのレンタル費用がかかりますし、役者・モデルの出演料があります。移動する場合はレンタカーの費用、クレーンやレールその他の機材のレンタル費用、交通宿泊費、セットや小道具代金、メイクやスタイリストの人件費があります。

ポストプロダクションとして映像編集スタッフ費用があります。音楽の作曲又は使用料があります。最終仕上げのエンジニアやナレーターの料金もかかります。CG制作や効果に関わる人件費や媒体マスターの製作費もかかります。映像制作の費用においては一概にいくらと決められませんが、これらの見積り内容をチェックして料金を判断することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *