動画制作で生きていく事は出来るのか

動画制作で生きていくという事はある程度の人気者であれば出来るでしょうが、一般的な人ではまず難しいと考えて良いでしょう。

ですから動画制作で将来的に生きていくという事を考えるにしても、まずは副業的にやっておいて自分のファンを増やしておいて、めどがたってから動画制作一般に絞り込むという事をするのが一般的な考え方という事になるのかもしれません。

今はこうした動画制作のプロを考える人は多くなっているでしょうから、これからさらに競争が激しくなるという意味でも難しいという事は事実です。ですが、これまで全くネットというモノが無くて動画で食べていくと言うと人がいなかったという事を考えれば、まだまだ参入障壁は薄いと考えて良いでしょう。

これがさらに時代が進んでいくと、とんでもない技術を獲得しなければまずビジネスとして成立しないレベルになる事は間違いない所と考えられます。

宝くじが当たるような確率で人気の動画を投稿することが出来る可能性はありますが、これから時代が進むにつれてよりレベルアップしていくという事は間違いないので、この世界で生きていくのであれば激しい競争の中で勝ち抜いていくという決意が必要になる事も間違いないはず。

並大抵の覚悟では通用しないという事が言える世界かもしれません。ある意味では最も過酷なビジネスの世界という事が言えるのかもしれないのがこの動画投稿ビジネスの世界で人気で全てが判断されてしまう厳しい世界です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *